Joshua's English Lesson by Glocal Life Hakodate

函館市内近郊で英会話レッスンを運営。講師は生まれも育ちも函館。NZへ語学留学2年。札幌の専門学校で英語の専攻。【問合せ】glocal.life.hakodate@gmail.com【最新情報】SNSをご覧ください。【カテゴリー】受講料などは「当教室について」をご覧ください。

【英会話レッスン受講生募集中】

f:id:JoshuaJP:20220309121645j:plain



Glocal Life Hakodateでは

英会話レッスン事業で

新規受講生を募集中です。

 


【紹介】Glocal Life Hakodate

【オンラインレッスン】

インターネット環境が整っている全地域

LINEやSkypeなどを利用しレッスンを行います。

【対面レッスン】

函館市内近郊のカフェ(*1)や貸会議室(*2)など

函館市七飯町の生徒様宅(家庭教師方式)

 

(*1)飲み物など、ご自身がお召し上がるものをご購入ください。

(*2)施設利用料の一部(500円)を徴収させて頂いております。

【共通事項】

受講時間

1~3時間/1回

※現在受講頂いている方は、平均1.5時間。

※2時間以上で休憩が入ります。

受講料

1,000円/1時間~

 細かくレベル分けをしていますが

 他社よりお手頃な価格に設定しております。

 また、飛び級はせず、生徒様のレベルに合わせて

 ご相談しながら、1つずつレベルを上げていきます。

 お支払い方法は、現金・銀行振込・Pay Pay・LINE Pay・Pay Palで

 対応しております。

f:id:JoshuaJP:20200629130016j:plain
体験レッスン

生徒様のレベルに関わらず

一律4,200円(5回)

   ※前日23時以降のキャンセルは、やむを得ない場合を除き

    別途キャンセル料が発生致します。

 体験レッスンでは・・・
  • 生徒様ご自身が、英語学習に触れる
  • 生徒様の英語力と目標設定を明確にする

この2点を、講師と共に行います。

 

【実践!英会話サークル】

Glocal Life Hakodateでは、学んだ基礎を練習する場として

英会話サークル"First Penguin"の運営も行っています。

このサークル活動は、Glocal Life Hakodateのレッスン受講生だけではなく

独学で学ばれている方、他の教室に通われている方もいらっしゃいます。

インプットした英語を、アウトプットの場として是非ご利用ください。

詳細は、以下のリンクをご参照ください。

joshua-english-lesson.hatenablog.com

 

ご予約

下記カレンダーをご確認の上

予定が入っていない時間にご予約頂けます。

ご都合の日時を、電話・メール・LINEでお知らせください。

折り返しご連絡致します。

また、継続される場合、レッスン時に直接ご予約も可能です。

※営業時間は11時~23時ですが

午前中をご希望の方は、事前にお伝えください。

 

【無料説明会】※完全予約制

レッスンご受講前に、無料の説明会を行います。

この説明会は1時間前後です。

受講いただく前に、ご不明な点・ご不安を

是非、ご相談ください。

 

※説明会は、無料ですが

 前日23時以降と当日のキャンセルは

 キャンセル料(¥1,000)を頂戴します。

 ご了承ください。

 (やむを得ない場合は、是非ご相談ください)

 

お問い合わせ

「英会話レッスンのお問い合わせ」とお申し出ください。

電 話:070-7475-4825

メール:glocal.life.hakodate@gmail.com

LINEのQRコードからお問い合わせいただけます。

f:id:JoshuaJP:20210301114243j:plain

【オンライン準備コース】by Glocal Life Hakodate

皆さん、こんにちは!

函館の英会話講師ジョシュアです!

今回は、「オンライン準備コース」を開設しましたという内容です。

【オンライン〇〇】広がっている?!

 新型コロナウイルス感染症の流行で、2020年の新語流行語大賞で6位にランクインした「オンライン〇〇」。在宅ワークやおうち時間の増加で、インターネットに接続したパソコンやスマホを駆使し、仕事からプライベートまで、遠隔で人と交流することが増えました。感染者数の減少で、オフライン(対面)で人と交流ができるようになり、以前の生活を戻りつつあると思います。しかし、今般のパンデミックで、仕事やプライベートでも遠隔でもできることが実証できました。withコロナ、afterコロナでは、「オフライン」と「オンライン」を上手く利用することで、コロナ前よりも、より良い生活を送れる時代になったのではないかと思います。英会話レッスンやサークルを運営するGlocal Life Hakodateでは、対面とオンラインを上手く利用し、受講生やサークルの参加者の皆様が、生活習慣にあったもので英語学習を進めて頂きたいと思っています。

「苦手」だけど「オンライン〇〇」に興味がある方に

 総務省「平成30年版情報通信白書」によると、スマートフォンの所有率は、10~30代は80%以上、60~80代でも30%以上です。また、パソコンの所有率は、10代以上で50%以上(80代でも50%に届きそう)です。これから先、所有率は上昇傾向にあります。所有しているのに、上手に利用しているのは少ないでしょう。これは、携帯電話が普及し始めて20年の間に、機器が進化し、アップデートして追い付けてないからではないでしょうか。

 所有はしているけど、イマイチ使い方が分からない、だけど折角あるものを利用したい・・・。そんな方を応援できるように、Glocal Life Hakodateでは、「オンライン準備コース」を開設しました。

 このコースは、将来的にオンラインで人と交流したり、仕事に活かしたい方を応援するコースです。このコースを受講頂いたからと言って、英会話レッスンを受講して頂かなくても、サークルに参加頂かなくても問題ありません。条件は以下の通りです。

以上の2点です。

第1回目準備コース日時

日 時:2022年7月8日(金) 12:30~ 最大2時間

場 所:函館コミュニティープラザ Gスクエア

   (シエスタハコダテ4階 函館市本町24-1)

料 金:¥1,000

申 込:最大20名 ※先着申込制

持ち物:1.スマホ 2.イヤホン/ヘッドフォン

シエスタハコダテ周辺の駐車場は数に限りがあります。公共交通機関をご利用の上ご来場ください。車でお越しの場合は、シエスタハコダテの提携駐車場をご利用ください。詳しくはシエスタハコダテのウェブサイトをご覧ください。

 

【空席情報・お問い合わせ】

以下のカレンダーをご確認の上

予定が入っていない時間が

対応可能な日時です。

ご自身のご予定と照らし合わせて

ご希望の日時をお知らせください。 

※営業時間は11時~23時ですが

午前中を希望される方は事前にご相談ください。

 

「英会話レッスンのお問い合わせ」とお申し出ください。

電 話:070-7475-4825

メール:glocal.life.hakodate@gmail.com

LINEのQRコードからお問い合わせいただけます。

f:id:JoshuaJP:20210301184424j:plain

 

 

開業3周年

Hello everyone! It's Joshua!

皆さん、こんにちは!函館で英会話講師をしているジョシュアです!

この7月で、Glocal Life Hakodateを開業して、3周年を迎えます。

 思い返せば、ニュージーランドから帰国した2018年8月から、のんびり1年過ごしながら、自分のペースで仕事をしたいと思い、Glocal Life Hakodateとしてスタートしたのが2019年7月。「英会話レッスン」の問合せが数件あり、インプットする場がたくさんあってもアウトプットする場が少ないなと感じ、秋ごろから「英会話サークル」を立ち上げる準備をしていました。SNSなどで立ち上げメンバーを募集し始め、2019年1月から5名ほど集まり、本格スタート!!・・・というタイミングで、新型コロナウイルスの蔓延。形にしたいけど、幾度となく「緊急事態宣言」や「蔓延防止等措置」で活動休止、そして感染拡大の懸念で、思うようにメンバーが集まらない・・・。

 と、ネガティブに綴ろうと思えば、いくらでも書けますが、肯定的に考えれば、その状況に合わせて、提供できるものを柔軟に対応する臨機応変をできました。「英会話はこういうものだ」という固定概念に囚われることなく、継続ができたことに感謝しかありません。

4年目の新しいサービス

 感染症の大流行で、「在宅〇〇」が多くなり、仕事でも余暇でも、リモートやオンラインが身近になりました。そして、withコロナ・afterコロナというステップになりつつあります。リモートと対面を上手く取り入れながら生活となっています。英会話事業をしているGlocal Life Hakodateでは、どの方にも「英会話」や「外国」を身近に感じて頂きたいという思いがあります。そこで次のステップに進みたいと願っている皆さんを支援するサービスを開始いたします。

1.オンライン準備コース

 昨今の感染症により、オンライン・レッスンの需要が高まりました。しかし、デジタル機器が苦手な方は、中々手を出せない方もいらっしゃったかと思います。Glocal Life Hakodateでは、オンライン・レッスンに興味があるけど敷居が高いなと思っている皆様がオンラインに慣れて頂ける時間を提供いたします。もちろん、Glocal Life Hakodateの英会話オンライン・レッスンを受講だけではなく、他社レッスンや、ご家族とのコミュニケーションのためなど、目的は問いません。初回は7月8日(金)の12:30頃からの予定です。

2.ワーキングホリデー相談会

 ニュージーランドへ語学留学を9カ月間(2006年9月~)そして、ワーキングホリデーで1年間(2017年8月~)を実際に経験したGlocal Life Hakodate代表のジョシュアが直接、ご相談に応じます。まずは、無料カウンセリングをします。実際の経験談などもお伝えします。また、具体的な計画がある場合、渡航に向けたサポートも充実させていきます(一部有料)。現時点では、実際の渡航先がニュージーランドの場合のみですが、語学学習や、ニュージーランド以外の現地情報の収集など、可能なサポートもありますので、是非ご相談ください。

3.ネイティブ講師

 Glocal Life Hakodateでは、代表英会話講師であるジョシュアが、日本語で英会話レッスンを行っていますが、ニュージーランドや留学経験で得た人脈を駆使し、ネイティブ講師を手配するご相談も受け付けています(オンライン・レッスンのみ)。Glocal Life Hakodateが提供するレッスンでは、料金のご相談も可能ですが、ネイティブ講師のレッスンは、提携先によります。

 

【空席情報・お問い合わせ】

以下のカレンダーをご確認の上

予定が入っていない時間が

対応可能な日時です。

ご自身のご予定と照らし合わせて

ご希望の日時をお知らせください。 

※営業時間は11時~23時ですが

午前中を希望される方は事前にご相談ください。

 

「英会話レッスンのお問い合わせ」とお申し出ください。

電 話:070-7475-4825

メール:glocal.life.hakodate@gmail.com

LINEのQRコードからお問い合わせいただけます。

f:id:JoshuaJP:20210301184424j:plain

【無事開催】杉田敏先生のトークショーin函館「英語の新常識」

 昨日、函館市本町のGスクエアで行われたGlocal Life Hakodate主催「杉田敏氏トークショー」は、大盛況のうちに終了いたしました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

 さて、当イベントでお話して頂いたテーマでもある、「英語の新常識」は今年の2022年2月に出版された杉田敏先生の著書の題名です。その内容より、抜粋して講演をしてくださいました。特に、タブー語の変遷(OK印やVサイン、人種問題など)、語法や文法の大きな変化(挨拶の言葉、shall/will)など、ビジネスだけではなく、日常英会話や国際交流、はたまた、旅行であっても、知っているべきことがありました。1時間という短い中で、杉田先生がお伝えしきれなかったものもあったと思います。ご来場いただいた方にも、今回残念ながらご参加いただけなかった方にも、是非、「英語の新常識」をお勧めしたいと思います。以下の画像をクリックするとamazonのページへ進みます。

英語の新常識(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル)

 今回、杉田先生をお迎えするにあたって、早速「英語の新常識」を拝読しました。その中で、英語学習に関し核心を突くことを書かれていました。

(略)英語を学ぶ上で大切なのは、英語を使って何をしたいのか、明確な目標をもつことです。そして目標を達成するためには、「犠牲」はつきものだということを認識しなければなりません。具体的には「お金」と「時間」です。(略)

(略)多大な投資をしながら費用対効果の悪い原因は、文部科学省の責任や教師の質ではありません、最大の元凶は学習者自身の「甘えの構造」です。語学をマスターしたいのであれば、幻想から抜け出して目を覚まさなければなりません。(中略)語学の勉強は決して楽ではありません。学習機会や道具を手に入れるにはお金が必要です。勉強のための時間と空間はどこかで作り出さなくてはなりません。アスリートは「サンマ」という戦略をよく使います。「時間」「空間」「仲間」の3つの「間」を利用して努力することです。具体的には、しっかりタイムマネジメントをして学習する時間を確保し、学習がはかどる空間を見つけ、くじけそうになった時に励まし合える仲間をもつ、ということです。

ー杉田敏著「英語の新常識」より抜粋

 

 私は18歳で1年間の留学をし、20代で専門学校で英語を専攻してきました。専門学校時代の先生からも、同じようなことを言われてきました。「今は昔」状態ではありますが、もっと熱量を向けることも可能だったかなっという反省もあります。しかし、英語学習は、どのタイミングでも再開することは可能です。

 

Glocal Life Hakodateでは・・・

 杉田先生がおっしゃるように、ただ闇雲に、教材を買ったり、時間を過ごすのではなく、皆さんに合った料金で、英語学習をできるように、Glocal Life Hakodateは、ご提案・ご提供をしていきます。詳細は、以下の受講生募集のページをご覧ください。また、英語学習をする「仲間」と英語に触れる時間も提供しています。「英会話サークルFirst Penguin」の紹介ページもご覧ください。

joshua-english-lesson.hatenablog.com

joshua-english-lesson.hatenablog.com

 

【空席情報・お問い合わせ】

以下のカレンダーをご確認の上

予定が入っていない時間が

対応可能な日時です。

ご自身のご予定と照らし合わせて

ご希望の日時をお知らせください。 

※営業時間は11時~23時ですが

午前中を希望される方は事前にご相談ください。

 

「英会話レッスンのお問い合わせ」とお申し出ください。

電 話:070-7475-4825

メール:glocal.life.hakodate@gmail.com

LINEのQRコードからお問い合わせいただけます。

f:id:JoshuaJP:20210301184424j:plain

 

 

ワーホリでどのくらい英語力は必要か

Hello everyone! It's Josh!

 皆さん、こんにちは。函館の英会話講師・ジョシュアです。

 先日、母校である専門学校の依頼で、ワーホリにはどれくらいの準備が必要かを、リモートでお話させて頂きました。そこで、学生から「ワーホリではどれくらいの英語力が必要か」という質問がありました。

 もちろん、英語力は高い方が良いだろうし、英語力を測る上でTOEICや英検など、「〇〇点以上」などがあるかもしれません。しかし、資格試験で高得点を記録したからと言って、実践の場でどれだけの人がその英語力を発揮できているでしょうか?

 そこで、「英語力」とは何なのか、考察していきたいと思います。

本来、英語=意思疎通のツール

 英語に限らず、どの言語でも言えることですが、意思疎通のツールです。言葉を使って、相手の意図や自分の意図を伝える。今、私がこの文章を書いて、今読んでくださっている皆さんが読み、私が思う「英語力とは」を伝えています。はたまた、言葉を発し、聴くこともできます。「話・聴・書・読」の4技能を使ってコミュニケーションをとれるのは、地球上の生き物で人間だけですね。

コミュニケーション・ツールは言葉だけではない

 人間以外の生き物は、言葉を介さずコミュニケーションをとります。鳴き声(トーンや強弱)、視覚、行動などで、アピールしますね。人間も、相手の姿勢や声のトーン、間などを読み取りながら、言葉の真意を見極めます。日本では、空気を読むと称されることもありますが、他言語でもちゃんとトーンや間、視覚でも汲み取ろうとするところもありす。

英語力向上の素質がある人

 たとえ英語初心者であっても、相手の声に耳を傾け、聞き取れたことをオウム返ししてたり、適切な相槌をしている人は、英語力があるように見えます。質問に対する答えの文法がぐちゃぐちゃでも。コミュニケーション能力が高い人は、リアクションがうまいです。始めのうちは、文法や発音がどんなにテキトーであっても、相手の意図を理解しよう、ちゃんと伝えようと発信し、尚且、ちゃんと基礎英語力をあげる努力をしている人は、自然と英語力が上がります。

 コミュニケーション能力が高いと、意思疎通に長けてる。英語力がそんなになくても、コミュニケーション能力が高くて、かつ、学ぶ姿勢がある人は、自然と英語力は上がっていきます。

日本語でも同様である

 ホテルで勤務をしていた時。状況によって、ゲストの要望に応えられないこともあります。その旨を伝える為に、

「大変恐れ入りますが、〇〇の為、こちらではお応えいたしかねます。フロントで対応可能です。」

 とお伝えします。この「致しかねる」という表現が、伝わらないことが何度かありました(もちろん、とても稀ではありました)。たとえ、枕詞・理由、そして代替案を示していたとしても、ゲストは、そのモノのことや次の計画で頭がいっぱいにになっている状況で、「致しかねる」という肯定文が、否定の意図を含まれるということに気づかなかったのでしょう。

 この場合、「〇〇の為、こちらでは対応できませんので、フロントでご相談ください。」と伝え方を変えます。もちろん、対応できなく、ご足労を願う申し訳なさをトーンや話す速さ、表情で表現しつつ、もし、余裕があればフロントに伝言したり、極力ゲストに余計なストレスを与えないフォローをします。

 もちろん「できない」と突っ撥ねる態度をしたり、無表情で対応しているとクレームの対象となります。

 ホテルや飲食店をはじめとする接客業では、プロとして当たり前ですが、友人・家族・同僚などの間柄では、接客業の何分の一の気遣いでスムーズにコミュニケーションがとれます。

 とはいえ、TPOに合った言葉遣いが必要です。日常会話で「お父さん、メインディッシュを食べ始めようとしているところ申し訳ないですが、その塩を取って頂けると大変助かります。」とは言わないですね。「お父さん、塩を取ってくれない?」と日常のトーンで言うでしょう。状況が会社であれば「お手すきにご確認ください。」や「大変恐れ入りますが・・・」などと表現することもあると認識は必要なのです。

まとめ

 「英語力」とは「コミュニケーション・ツールの1つ」で、トーンや表情、話す速度、気遣いなども求められます。それは、状況や環境によって変化します。「ワーホリで1年間のみ楽しく過ごす」「就労ビザで延長」「永住を目指す」「現地企業で出世する」など、目標によっては「英語力」が求められますが、「コミュニケーション力」としてアップしていくと良いのかもしれません。

追  記

「英国英語」「米国英語」として、ハリー杉山さんとシェリーさんが、ラジオ番組でトークを繰り広げている動画があります。ハリー杉山さんの紹介する"Excuse me, can I possibly trouble you for a blanket, please?"。とても、英国英語ですね^^ (2:10~)


www.youtube.com

 

【空席情報・お問い合わせ】

以下のカレンダーをご確認の上

予定が入っていない時間が

対応可能な日時です。

ご自身のご予定と照らし合わせて

ご希望の日時をお知らせください。 

※営業時間は11時~23時ですが

午前中を希望される方は事前にご相談ください。

 

「英会話レッスンのお問い合わせ」とお申し出ください。

電 話:070-7475-4825

メール:glocal.life.hakodate@gmail.com

LINEのQRコードからお問い合わせいただけます。

f:id:JoshuaJP:20210301184424j:plain

 

 

申込締切ました【イベント】杉田敏氏トークショー in 函館

※(2021/6/10) お陰様で申込が定員40名に達した為、申込を締め切らせて頂きます。ご了承ください。

Hello everyone! It's Josh!

皆さん、こんにちは!

函館で英会話講師をしているGlocal Life Hakodate代表のジョシュアです!

杉田敏氏トークショー開催

 この度、ご縁があり、32年半の間、NHKラジオ「実践ビジネス英語」などの講師を勤められた杉田敏先生(昭和女子大学客員教授)をお迎えし、Glocal Life Hakodate主催のトークショーを催すこととなりました。

 感染症対策として、申込先着順(40名様)とさせて頂いています。

 函館栄好堂 (丸井今井 6 階) にて、杉田敏先生の書籍をご購入頂いた方には、トークショー後に若干名が著者のサインをもらえる「サイン引換券」をお渡しします(配布数限定)。※トークショーの参加申し込みが必要です。

トークショー申し込み方法】

電話(070-7475-4825)かメール(glocal.life.hakodate@gmail.com)で以下の内容と共にお申し込みください。

  • 杉田敏講演聴講希望
  • 氏名(フリガナ)
  • 住所
  • 年齢
  • 職業
  • 電話番号

※メールで申し込まれた場合、申込確認の返信を致します。返信がない場合は、迷惑メールフォルダーなどの確認か、お電話での申し込みをお願いいたします。

※定員に達した場合、申し込みを締め切らせて頂きます。

※Glocal Life Hakodateの営業時間は11時~23時です。営業時間内であっても、他の対応で、着信をとれない場合もございます。折り返しのお電話をお待ちになるか、メールでお申し込みください。

※申込の際に頂いた個人情報は、主催者で適正に管理し、集団感染発生時の連絡など感染対策のみに利用し、開催日から2週間後に破棄致します。

 

Glocal Life Hakodateについて

joshua-english-lesson.hatenablog.com

 

joshua-english-lesson.hatenablog.com

 

【空席情報・お問い合わせ】

Glocal Life Hakodateが提供する英会話教室

随時、開講・説明会を行っています。

以下のカレンダーをご確認の上

予定が入っていない時間が

対応可能な日時です。

ご自身のご予定と照らし合わせて

ご希望の日時をお知らせください。 

※営業時間は11時~23時ですが

午前中を希望される方は事前にご相談ください。

 

「英会話レッスンのお問い合わせ」とお申し出ください。

電 話:070-7475-4825

メール:glocal.life.hakodate@gmail.com

LINEのQRコードからお問い合わせいただけます。

f:id:JoshuaJP:20210301184424j:plain

 

 

【英会話】英語の丁寧な依頼表現

Hello everyone!

It’s Josh!

皆さん、こんにちは!

函館の英会話講師・ジョシュアです。

今日は、英語の丁寧な依頼表現をご紹介します。

依頼表現は、もちろん何かをしてほしい時に使用する表現ですが、依頼部分を他の表現にすることで、丁寧に質問をしたりすることも可能です。

【依頼表現】

食卓を囲う場面を想像してください。

遠くに置かれた塩を手渡してもらう時の表現です。

  • ①“Please pass me the salt. / Pass me the salt, please.”
  • ②“Will you pass me the salt?” “Would you pass me the salt?”
  • ③“Can you pass me the salt?” “Could you pass me the salt?”
  • ④“Can you please pass me the salt?” “Could you please pass me salt?”

上記の表現は、どれも「塩を取ってください」という意味ですね。

では、どのような違いがあるのでしょうか。

 

①Please + 命令形 / 命令形 + please

“pass me the salt”だけでは、「塩を渡せ」という命令ですが、“Please”(お願いします、どうぞ)を付けることで命令から優しい形になります。

 

②と③“will”と“can”の違い

“Will you ~” =「あなたは~する意思がありますか」

“Can you ~” =「あなたは~することが可能ですか」

という、それぞれ意図が隠れています。

ですので、

“Will you pass me the salt?”

「あなたは、私に塩を渡してくれる意思がありますか?」

“Can you pass me the salt?”

「あなたは、私に塩を渡すことができますか?」

という意図がある「私に塩を渡してください」というお願いする表現です。

 

現在形と過去形の違いは?

これは、仮定法をお浚いすると理解しやすいです。

If you join his birthday party, he will be very happy!

もし、君が彼の誕生日会に参加したら、彼はとても喜ぶよ!

If + 現在形の仮定法だと、現実味があります。しかし、

If I had a car, I would pick you up tomorrow morning.

もし僕が車を持っていたら、明日の朝、迎えに行ったのに。

現実には持ってないけど、持っていたら・・・

思い描いているものと距離がありますね。

 

ということで、依頼する場合も、現在形はより親密さがありますが、過去形にすると話し手からの距離感がある印象を受けます。この「距離感」というのが大事になってきます。

過去形にすることで

  • 見知らぬ人に対して。
  • そこまで距離が埋まっていない。
  • まだ仲直りしてないけど・・・。

という距離感が見え隠れしている表現です。

 

 “Can you please~?”/ “Could you please~?”

「可能ですか」という意図が入っている依頼の慣用表現に、「お願いします」という依頼表現を重ねています。

現在形

「(テーブルの向こう側で盛り上がっているけど、お塩欲しいなぁ)…Max? Sorry to bother you but..., can you please pass me the salt?

(…ねぇマックス、盛り上がっているところゴメン、塩を取ってもらってもいい?)

と丁寧に伝えることができます。

過去形

「(カウンター席の居酒屋。2席先のお客さんの目の前にあって)Excuse me, Sir? Could you please pass me the salt?

のように、使用することができるでしょう。

 

長文になるほど「丁寧」になる?!

お気づきかもしれませんが、文字数が多くなればなるほど、丁寧さが増しているように感じるでしょう。これは、日本語でも言えることかと思います。

 

例えば、対応不可能な場合を想像してください。

「できません」

「致しかねます」

「申し訳ございませんが致しかねます」

「こちらでは対応致しかねますが、顧客相談窓口へお繋ぎいたします」

など、長くなれば長くなるほど、対応が丁寧ですね。

 

「依頼」以外の丁寧な表現

今回、紹介した表現から、依頼以外にも使用できる丁寧な表現があります。

“want” vs “would like”

“want”は、もちろん、「~がほしい」や「(~to do)~したい」などと訳されますが、場面や言い方によっては、子どもが親に強請っているように聞こえます。また、 “Do you want to go?”と質問するのも、場合によっては、「格下に見られている」と感じられるため、気を付ける必要があります。

職場やちょっとfancyな飲食店などでは、 “I would like (to do) ~”と答え、質問する場合も、“Would you like (to do) ~?”が良いでしょう。

 

余談ですが・・・

 さて、丁寧な表現を紹介してきましたが、英語学習を進める中で、「英語には敬語がない」「英語はフレンドリーだ」など、目にすることがあります。しかし、英語もコミュニケーション・ツールのひとつです。日本語では、謙譲語・尊敬語・丁寧語があり、TPOによって敬語を使い分けています。それによって、相手への敬意を表すコミュニケーション・ツールのひとつです。

 例文として「申し訳ございませんが対応致しかねます」をご紹介しましたが、「対応できなく申し訳ない、残念だ」という表情や声のトーンではなく、いかにも不貞腐れているとどうでしょう?印象は最悪ですね。

 また、短い表現であっても表情や声のトーンが明るいと、親近感があり、(公園などで)"Hey, join us!"(一緒にやろうよ!)ということも印象が違いますね。

 日本語は、英語に比べて母音が多かったり、文化的に控え目・婉曲的表現が好まれる言語です。一方、英語のアクセントやリズムが根本的に違い、多文化社会で使われるため直接的な表現が多い言語です。また、日本では年齢・年次で上下関係が顕著に表れますが、欧米では年齢・年次ではなく、実力社会であるため、年下の上司などには、一段と気を遣う面もあります。しかし、同僚とコミュニケーションを図る際、相手との距離感や自分の気持ちを、「表情と声で言葉に乗せることによって、円滑に進める」ことは、日本語でも英語でも共通していることです。

 

表情・トーンを磨くために

 どの言語でも、長くなればなるほど、丁寧な表現となりますが、実際のところ、短い文でどれくらい気持ちを乗せられるかでも、印象が変わってきます(例: "Join us!" と "Why don't you join us!"、両方とも明るい声、暗い声で試してみましょう)。

 色んなパターン(例:命令形~かなり丁寧な文まで)を覚えることは大切です。しかし、英語は「実際に意思疎通ができるツール」にしていくことが大事です。たくさん表現を知っているのに、中々伝わらない・・・と感じている方は、録画・録音をして見返してみください(特に大手オンラインレッスンでは、ビデオで復習ができるものもあります。また、自習されている方にはスマホのボイスメモも便利です)。実際に話したものを復習し、何回も実践で練習することで、上達していきます。

当教室でも、「伝わる英会話」提供中

 Glocal Life Hakodateの英会話レッスンでは、実践的な英会話を習得して頂くため、1対1でも、グループでも受講頂けます。「丁寧な表現」をご紹介しましたが、「声のトーン」「発音方法」「強弱」など伝わる英会話をお伝えしています。是非、お問合せ下さい。そして、その学んだことを、英会話サークル "First Penguin"で実践していきませんか?

joshua-english-lesson.hatenablog.com

【空席情報・お問い合わせ】

以下のカレンダーをご確認の上

予定が入っていない時間が

対応可能な日時です。

ご自身のご予定と照らし合わせて

ご希望の日時をお知らせください。 

※営業時間は11時~23時ですが

午前中を希望される方は事前にご相談ください。

 

「英会話レッスンのお問い合わせ」とお申し出ください。

電 話:070-7475-4825

メール:glocal.life.hakodate@gmail.com

LINEのQRコードからお問い合わせいただけます。

f:id:JoshuaJP:20210301184424j:plain

【お知らせ】2022年大型連休は営業致します

Hello everyone!

It's Joshua!

函館で英会話講師をしているジョシュアです!

 

さて、Glocal Life Hakodateは

2022年春の大型連休中も休まず営業致します。

渡島管内では、新年度になってから新型コロナウイルス

下げ止まり状態で、若干増えている状況であります。

連休中、人の流れが増えることで

感染者数も増加されることも予想されています。

大型連休中は、通常の感染症対策と共に

通話アプリを利用したリモートでのレッスンも対応致します。

また、通話アプリに不慣れな方々を対象に

リモートレッスン体験版もご用意しております。

是非、ご活用ください。

 

また、英会話サークルでは、一部お休みしますが

活動する回もございます。

皆さんのご参加、お待ちしております!

【空席情報・お問い合わせ】

以下のカレンダーをご確認の上

予定が入っていない時間が

対応可能な日時です。

ご自身のご予定と照らし合わせて

ご希望の日時をお知らせください。 

※営業時間は11時~23時ですが

午前中を希望される方は事前にご相談ください。

 

「英会話レッスンのお問い合わせ」とお申し出ください。

電 話:070-7475-4825

メール:glocal.life.hakodate@gmail.com

LINEのQRコードからお問い合わせいただけます。

f:id:JoshuaJP:20210301184424j:plain